民主党 山本ひろふみ

ひろがる未来にふみだす一歩!誰もが安心して暮らせる心豊かなまちづくりを、ともに!

政策・想い

私、山本ひろふみは、2003年春より泉ケンタ衆議院議員とともに事務所スタッフとして歩んでまいりました。

「人の役に立ちたい!」「世の為に働きたい!」

そんな思いで一生懸命走り続けてきました。多くの人と出会い、さまざまな事を学ばせていただきました。時には喜びを分かち合い、時には苦悩を共有し、ともに悩み解決策を探してきました。

そこで感じた未来への閉塞感や諦め、そして希望!

2007年の初当選以降も、その気持ちは変わりありません。

今、京都市に必要なのは市民の目線で考え、実行すること。私の生まれ育ったこの京都市を、誰もが安心して暮らせる心豊かな「まち」にするため、地元伏見から京都市政の改革に挑戦します。
どうか、山本ひろふみの活動にご理解をいただき、ご意見、ご指導たまわりますよう心よりお願いいたします。

  山本ひろふみ街頭演説   山本ひろふみ街頭演説

政策

山本ひろふみ基本政策

◆子育て支援 政策
●子育ての悩み相談や、子どもとのふれあいを安心して出来る公共スペースを拡充。子育てNPOを積極的に支援します。
●子どもと父母の立場にとって利用しやすい保育園、幼児園、幼稚園、乳児園、認可外保育所などの施設を整備・拡充します。
●出産一時金、児童手当てや医療費助成をさらに拡充。子育てにかかる経済的負担を軽減します。

◆福祉 政策
●福祉施設での体験をいかし、市民のニーズにこたえる施設の整備・拡充、職員のスキルアップと担い手を育成します。
●高齢者の「自立」を主眼においた福祉政策とまちづくり、「自立」を支援する機会と場所の提供を提言します。
●障がい者や高齢者、ベビーカーを利用する人たちの要望に沿った交通バリアフリーのまちづくりを推進し、改良に努めます。

◆環境・観光 政策
●誰もが働きやすい環境を整備します
●働く価値を見出せる産業振興を進めます

◆労働・雇用 政策
●育児・介護休暇取得、女性の働きやすさ、障がい者雇用など企業の社会的責任(CSR)の評価、認定を制度化し、税負担などで優遇するシステムを導入します。
●増える非正規雇用者の生活不安、将来不安の解消を企業と連携しながら図り、働きやすい、流した汗や努力が報われる職場環境の整備に努めます。

◆教育 政策
●放課後、子どもたちが安心、安全、健全に過ごせる場所を学校、児童館を通じ提供します(全小学校区)
●空き教室を活用した地域とのふれあい、伝統文化の継承、外国語の授業などに積極的に取り組みます。

▲ このページのトップへ